こまめな換気が快適なガスライフの基本です。

締め切ったお部屋でガスストーブやファンヒーターを使用する時は、
こまめにお部屋の空気の入れ替えを。

締め切ったままで暖房を続けていると新鮮な空気が不足し不完全燃焼の原因になります。30分に1回の目安で換気をしましょう。

暖房器には燃えやすいものを近づけないで。

家族が集まるリビングは燃えやすい物が置かれがち。暖房器には近づかないように。
特に小さなお子様のいるご家庭では十分ご注意ください。
ガスは正しく使いましょう

点火・消火は必ず目で確かめてください。

ガス機器の近くに、燃えやすいものを置かないでください。風や煮こぼれで火が消えたり、天ぷらを揚げているときに、鍋の中の油に火が着くことがあり、たいへん危険です。
ガスを使っているときは、その場を離れないようにしてください。火を使っている間は「何があってもその場を離れない」ということを心がけてください。

いつも青い炎でお使いください。

ガスをお使いのときは、炎は必ず青い炎でお使いください。赤っぽい炎は不完全燃焼をしている炎です。

ガス栓は、使用時には全開で、使用後は完全に閉めてください。

ガスをお使いになるときはガス栓を全開で、お使いにならない場合は完全に閉めてください。また外出するときやおやすみの前には、ガス栓、器具栓が閉まっていることを確認してください。
使用していないガス栓は、絶対に開かないでください。
長期間ご不在になるときは、容器バルブを閉め、LPガス販売店にご連絡ください。
配管やガス栓をアースの代わりに使用しないで下さい。

ゴム管はときどき点検し、早めに交換してください。

ガス栓に適合するゴム管または専用ホースを使用ください。
ゴム管は、過度に長いものを使用しないで下さい。(※ゴム管からのガス漏れ、石鹸水を塗っり泡が出るかでわかります。泡が出た場合はすぐに新しいゴム管に取り替えてください。また、点検後はきれいにふき取ってください。)
ゴム管は、ガス栓の赤い線のところまで差し込んで、ホースバンドでしっかりとめてください。
ゴム管は、物かげを通したり、折り曲げたりしないでください。
三つ又は危険なので絶対に使用しないでください。
ガスを安心・快適にお使いいただくために。

日頃お使いになるガス機器の安全管理は、ご自身の手で責任を持って行ってください。

いつもLPガスを安心・快適にお使いいただくために、LPガスおよびガス機器などについて正しいご理解をいただくことが大切です。ガス機器の性能、正しい使用方法、お手入れの方法、保管方法などは取扱説明書や警告表示などをご確認の上、正しくご使用ください。

ガス機器だけでなく、ガス栓や小さな接続具にも心配りを。

古くなったゴム管や接続具は早めにお取り替え下さい。

ガス栓や機器接続口には、ホースエンドとコンセントの2タイプがあります。
接続具は形状にあったものをお使いください。
ゴム管や接続具は時々点検し、ひび割れなどの劣化がある場合は、お取り替えください。
ゴム管や接続具は、折り曲げたり、引っ張られた状態で使用しないでください。
また、足を引っ掛けたりして、ゴム管や接続具に強い力を加えないようご注意ください。
排気と換気に注意してくつろぎのバスタイムを送りましょう。

煙突(排気筒)が詰っていると、
不完全燃焼をおこし一酸化炭素が発生してたいへん危険です。

煙突内に鳥が巣を作っていませんか?
煙突の詰り、はずれ、穴あきはありませんか?
給気口が物でふさがっていたり、目張りがされていませんか?
ガス機器のお手入れの秘訣はポイントをおさえて、こまめに掃除をすることです。

ガス機器のご使用、日常管理について。

ガス機器の取扱説明書をよく読んでいただき、その内容を理解し、ご使用いただくことが大切です。
ガス機器ご使用時に不快な臭い、炎のあふれ、機器本体の異常な過熱などがあれば、ただちに使用を中止し、ガス機器購入店または修理店にご連絡下さい。